クレートに入ろうとするトイプードル

今回はグミにとって5回目のグラン動物病院でのパピー教室。

今回のテーマは「クレートトレーニング」「体重管理」についてでした。

クレートトレーニングを怠ると、災害時の避難でペットを連れていけません(法律があります)。

また、体重管理を怠ると、生涯に渡って肥満体質を改善することはできません。

この記事では、グラン動物病院のパピー教室で学んだことを、紹介・解説します。

【クレートトレーニング】グラン動物病院のパピー教室

クレートトレーニングがなぜ大切なのか?

それには、つぎの5つの理由があります。

大切な理由

  1. クレートに入れなければ、公共交通機関を利用できない
  2. 交通事故などが起こった場合、クレートに入れ、固定しておけばダメージは最小限におさえられる
  3. 粗相をしてしまった場合も、クレート内なら対処しやすい
  4. 病院につれていきやすい
  5. 災害時、クレートに入れておけば、避難所に連れて行くことができる(法律で決まっている)
    →クレートに入れていない場合、避難所に連れていけない

この中でも特に5番「クレートに入れておけば、避難所に連れていける」が最も大切です。

日本は地震・台風が起こりやすい国です。

そのため、万が一の避難は考えておかなければいけません。

ペットの扱いについても、もちろん考えておかなければなりません。

何も用意していない場合、愛犬を危険な地域に残していくことになってしまいます。

万が一のためのクレートトレーニング

基本的に、犬はクレートに入ることを嫌がります。

「わけのわからないところに、突然いれられる」
「出たいのに出れない」
「クレートのまわりを人々が行き交いして怖い」など

犬の気持ちを人間の気持ちに置き換えると、上記のとおりではないでしょうか。

そんなクレートを入ると幸せになれる「魔法の箱」にする必要があります。

クレートトレーニングの前に注意点ですが、クレートトレーニングで一番やってはいけないのが「後ろから押す」です。

絶対に後ろから押さないでくださいね。

クレートに誘導する

まず、クレート内部に誘導するところから始めます。

クレートの中のもの(ペットシートやおもちゃ)を取り除きます。

次に、扉を全開まであけておきます。

入り口を取り外せるものの場合は、入り口をとってしまいます。

↓こんな感じ

扉を外したクレート

クレートの奥におやつ・フードを置く

「扉を開ける・外す」ができたら、つぎはクレートの一番おくに大好物のおやつやフードを置きます。

↓こんな感じ

クレートの奥にあるおやつ

犬はおやつ・フードをとりにいくので、犬の体はクレートに入ります。

犬の体がクレートに入るタイミングで「ハウス」と声をかけます。

「ハウス」と何回もいってしまうと「ハウス」という言葉がBGM化してしまういます。

入ったタイミングで1回だけ「ハウス」と言いましょう。

クレートの隙間からフードを入れていく

犬がクレートに入ったら、クレートの隙間から、おやつ・えさをパラパラと入れてあげましょう。

犬に

「ここにいればいいことが起きるんだ」

というふうに思ってもらうためです。

↓犬はいませんが、隙間からおやつを入れてみました。

扉を外したクレート

犬の後ろ足が入らない場合は?

怖がりな犬の場合、後ろ足を入れてくれない場合があります。

そういった場合、絶対に後ろから押さないでください。

押してしまうと、クレートに対して悪いイメージをもってしまいます。

もし「後ろ足が入らない」なら、腕を使い後ろに下がれないようにします。

腕で後ろに下がれないようにガードしつつ、クレートの隙間からおやつ・フードを繰り返し入れます。

犬はじりじりと前に進むので、腕もそれに合わせてじりじりと前にもっていきます。

↓犬はいませんが、こんな感じ。

クレートと腕
クレートと腕
クレートと腕

これで犬はクレートの中に入ります。

犬がクレート内にとどまれば、その間、隙間からおやつ・えさをあげてください。

もし、出たがっていたら、出してあげましょう。

クレートトレーニングは、以上です。

ここで、クレートトレーニングの流れをまとめます。

クレートトレーニング

  1. クレートの中を空にする
  2. クレートの奥におやつ・えさを少量おく
  3. 体が入り始めたタイミングで「ハウス」のかけ声
  4. クレートの隙間からおやつ・えさをあたえ続ける
  5. クレートから出してあげる

これを一日、何回か繰り返して下さい。

練習のし過ぎで犬にストレスをあたえないようにしてくださいね。

クレートのサイズについて

クレートは「中で犬が立てる」「犬が中で方向転換できる」ものが適切です。

愛犬グミはクレートに収まる雄ではなかった……

グミは5ヶ月齢まで、以下のクレートを使っていました。

「本体サイズ (幅X奥行X高さ):31.5×47×28.5cm」のものです。

中に入るのを嫌がる様子もなく、入っているときはずっと寝ていました。

そのため、グミのクレートのサイズについて「小さいかもね」ぐらいにしか思っていませんでした。

しかし、グラン動物病院のパピー教室に参加してみて「明らかに小さいよね……」と思うようになり。

グミはきっと我慢してくれていたと思うので、すぐにMサイズを購入しました。

Mサイズは作りは全く同じなのですが、本体サイズ (幅X奥行X高さ) :36.5×57×36.5cmとなっています。

記事を書きながら今のグミのサイズを測ったのですが、15×35×30.0cmでした。

これで、でかトイプードルのグミはクレートに収まる雄になりました。

【体重管理】グラン動物病院のパピー教室

体重60kgの人が、1枚ビスケットを食べた場合で考えてみます。

その場合、人間の1枚が、犬の20枚に相当することになってしまいます。

また、人間はお腹の状態によって食べることをやめられます。

しかし、犬は食べるのをやめないことがほとんどです。

ここで脂肪細胞のモデルの話をします。

脂肪細胞のモデルですが、ワンちゃんの体には「箱」がいくつもあって、その箱の中に脂肪細胞が入っています。

そして、体が大きくなると、その箱もあわせて大きくなります。

その箱が大きくなると、脂肪細胞もその箱にあわせて増えていきます。

しかし、太ってしまうと、その箱が大きくなってしまいます。

その箱が大きくなってしまうと、その箱にあわせて脂肪細胞は増えていきます。

成犬時になると、もう脂肪細胞が増えることがないので、一個一個の細胞が大きくなり、箱の隙間を埋めようとします。

そして、一回できた脂肪細胞は、ダイエットをしても減ることはありません。

そのため、太りやすい体質の犬になってしまいます。

太りやすい体質になってしまうと、つぎのような問題がおきます。

太ってしまうと……

  • 骨・関節に負担がかかる
  • 負担がかかると動きたくなくなる・動きにくくなる
    →さらに肥満に

1日分の食事量をはかってタッパに入れておき、えさのやりすぎを防ぎましょう。

えさの量はパッケージに書いてあるものを守ります。

おやつも安すぎるものを選ばず、カロリーが低く、安全なものを選びましょう。

また、ささみは、カロリーが低い上、栄養価が高いので、犬にとって最高のおやつになります。

スーパーなどで売っているささみをゆでて、おやつとしてあげるのもおすすめです。

我が家では、今回のグラン動物病院のパピークラスを受け、おやつの見直しを行いました。

今は、このささみベースのキューブ状のえさを4分の1にカットして与えるようにしています。

【みんなで遊ぼう!】グラン動物病院のパピー教室

クレートと腕

グラン動物病院のパピー教室では、毎回「みんなで遊ぼう!」の時間があります。

グミは何にも怖がらず、追いかけられるのが好きな遊び上手でした。

ですが、今回は追いかける側の楽しさに目覚めてしまい、仲間のトイプードルにマジギレされていました。

はじめは優等生だと思われていましたが、先生たちもグミのやばさに気づきつつあるようでした……。

【5回目クレートトレーニング】グラン動物病院のパピー教室に行ってきました! まとめ

今回のグラン動物園のパピー教室では「クレートトレーニング」「体重管理」について学びました。

愛犬の安全を守るために、クレートトレーニングは必須です。

また、太りやすい体質にしてしまわないための「体重管理」は、今すべき大切なことです。

あなたも「クレートトレーニング」「体重管理」やっていないなら、実践してみてくださいね。

1~6回目の様子は、こちらのリンクからどうぞ。